Skip to content

お知らせ|葬儀のかぐや東京

焼香の歴史

焼香で使う香木は、仏教発祥の地インドから日本に伝来しました。

インドは気候的にも死体に腐敗臭が生じやすい環境。

焼香のお香には、死体の腐敗臭を消す役割もありました。

インドから日本へ仏教が伝わったとき、お香の役割も受け継がれ、お悔やみ事に使われるようになりました。

お通夜では香の煙を絶やさぬよう一晩中お香(お線香)を焚き続ける習慣がありますが宗教的な意味だけではなく、遺体の臭いをおさえるという実用面でも重宝されました。

PAGETOP