Skip to content

お知らせ|葬儀のかぐや東京

焼香の目的と意味

仏教では、現世の人間とあの世の故人は、煙を介してこの世とあの世をつなげコミュニケーションをとると考えられています。

現世とあの世をつなげるのは、焼香の煙の大切な役割なのです。

人は亡くなると霊魂になり、四十九日までは現世にとどまるとされています。

霊体となった故人は「匂い」を食べると考えられているため、焼香をして故人や仏様にお供えする意味もあるようです。

焼香で使うお香の匂いには、自らの穢れを払い、心と身体を清らかにする効果があります。

また、お香の匂いが仏様の徳や教え、極楽浄土を思い起こさせるともいわれています。

PAGETOP