Skip to content

お知らせ|葬儀のかぐや東京

焼香 -shoukou-

焼香とは

焼香とは、仏教において香を焚くこと、仏や死者に対して香を焚いて拝むことです。

一般的には、香木を砕いて粉末状にした「抹香」を香炉に落として焚く行為のことを指します。

焼香は、通夜、葬儀、法要等で行われ、心身の穢れを取り除き、清浄な心でお参りをする時の作法とされています。

焼香の作法については宗教・宗派により異なりますので事前にチェックしておきましょう。

PAGETOP